スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砦にいらっしゃってました

未分類
09 /04 2006
ラオさまも粛々とお帰りになられましたが、まぁなんと申しますか
人間慣れと言うものは中々のものですわね。
超絶カイザー様でなければクリア出来まいと思っておりましたソロ
上位ラオ様もいつの間にやら高橋名人でもクリアできるようになっ
てしまいましたですわね。

しかし超絶カイザー様でも高橋名人でも(武器は超絶ですけれども)
討伐までにかかる時間がさして変わらないというのはいったいどう
言う訳でしょうかしらねぇ。

それは兎も角と致しまして、こちらは決して攻略サイトでもなければ
武器道場でも御座いませんですけれど(ネタ切れで検証とか載せては
おりますけれどね)他にネタも無いことですしソロでラオ様をクリア
したやり方でも書いておきましょうかしらね。




装備は超絶一門ですわ。
防具は高橋名人でもいける位ですから踏まれて即死しない程度の防御
力が御座いましたらなんでもけっこうですわ。

持ち物は回復薬10個、砥石20個、念の為に秘薬もしくはいにしえの
秘薬1~2個、あれば力の爪&守りの爪。
昼間でしたらこれに大タル爆弾G等が追加されますわね。
(もちろん無くても問題御座いませんですわ)

そして忘れては成らないのが強走薬Gですわね。

強走薬の手持ちが少ない場合は回復薬Gとマカ壷を持ち込んで現地で
熟成をさせれるのもいいですわね。

ワタクシも連戦するような時はマカ壷持参で参りますわ。

クエが始まりましたならば至急品ボックスから応急薬、携帯砥石、携帯
食料、バリスタの弾、生命の粉塵を取りエリア2へ参りますわ。
(昼間ならば至急品専用タル爆弾も持ちますわ)

エリア2の入り口付近に回復薬Gを入れたマカ壷を埋めまして、ラオ様
の進入方向へ移動しますわ。
昼間ならばタル爆弾を設置しまして、夜ならばそのまま待機ですわね。

ラオ様に攻撃が出来るようになりましたならばタル爆弾を爆破、その後
強走薬Gを飲みまして頭に乱舞を開始ですわ。

頭で2度怯むま(頭の破壊が完了するまで)ではそのまま頭に乱舞を続
けますわ。

2度目の怯みが終わる頃にはお腹が攻撃出来るようになってますでしょ
うから、携帯砥石を使用しましてそのままお腹の攻撃へ移りますわ。

お腹の出っ張りのなるべく前の方を乱舞で攻撃するのが重要ですわね。
後ろ足の辺りは尻尾として判定されておりますようで、弾かれエフェク
トが出てしまいますわね。
弾かれてしまいますとダメージも減りますし切れ味の低下も早くなって
しまいますので注意が必要ですわ。

背中に乗って剥ぎ取りもしたいところですけれど、そうすると討伐が出
来なくなってしまいますので、ここはぐっと我慢いたしまして、そのまま
お腹を攻撃続けますわ。

目標はエリアチェンジするまでに4回お腹による怯みを発生させること
ですわ。

ラオのお腹が攻撃出来なくなれば速やかに離脱してマカ壷を回収してBC
へ戻りますわ。
回収したマカ壷に回復薬Gを調合しまして、BC3の入り口付近に埋め
ますわ。

そして3へ。

エリア5までは以上の繰り返しですわね。
エリア3は短いですので場合によってはマカ壷の熟成が間に合わないか
もしれませんですけれど、怯み回数が少なくダメージが足りなさそうな
らば埋めたままエリア4へ向うのが良いかもしれません。
ダメージが十分ならばそのまま熟成が済むまでBCで待つ事に致しましょ
う。
待っている間にバリスタの弾を2個採取して10個にしておきますわ。

エリア4が終了した時点でお腹での怯みが10回以上あれば恐らく討伐
出来ると思いますわ。

エリア5へ参りましたら砦の下に降りましてマップ右下の辺りにマカ壷
を埋めますわ。
上に戻りましてラオ様がエリアに入り次第、バリスタで攻撃ですわ。
エリアに入ったばかりのラオ様には初期状態の照準ではバリスタが当た
りませんですから、ラオ様の進入場所の山と山の中間、標準位置より
やや上を狙って撃ちますわ。

バリスタを撃ち終わりましたならば下に降りましてお腹で乱舞ですわ。
立ち上がったならば砥石を使用して左足を乱舞攻撃ですわ。

マカ壷で強走薬が熟成されましたならばそれを取り出しますわ。
残り時間が10分以下になったならばもうマカ壷は埋めませんですわ。

残りが1分を切ってもあせらず乱舞を続けましたらきっと倒せますわよ。
撃龍槍は時間の無駄ですから使わないほうがいいですわよ。

以上、これがワタクシの上位ラオソロ討伐の手順ですわ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

紅莉栖@1992

恒星間航行用宇宙船「ダイダロス」の船内で、今、ひとつの物語が始まろうとしている。
船内を見渡す小高い丘にたたずむ、ひとりの少女。長い髪を風になびかせ、じっと一点を見つめている。
彼女の名前はクリス。それが彼女の記憶のすべてであった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。