FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回人龍コミュ主催人龍ゲーム開催

MH2日記みたいな物
06 /08 2006
昨日はMHN内コミュニティ「汝は人龍なりや?」主催の第2回人龍ゲーム(※1)に参加して参りましたですわ。

今回は開催が平日夜と言う事も御座いますので、中々参加者様が集まらず苦労をされた模様。

集合時刻より早めに来たとは申しましてもワタクシが街に着いた時に居られたのは主催者のすざくさんとコミュで参加表明為されたお二方のみでしたわね。
その後、予定集合時刻までには後お二方お越しになられて都合5名。
人龍ゲームはその性質上プレイヤーが最低でも5名はほしい所ですわ。

これはレナスくんとしずくちゃんも強制召喚かしら?

開催予定時刻を遅らせて参加者を待つ事に。
ですけれども、ただ待っているのも退屈ですもの、折角ですから街に襲来中のラオさんにご挨拶に伺う事に成りましてよ。
地図がないという方がいらっしゃいましたのでサブクリアを目指す為に、ここは剥ぎ取り装備の出番ですわ。
紙のような防御力の剥ぎ取り装備で近接で参りますと、軽く逝ってしまえるのは火を見るより明らかですので、姑息にもガンニャーで参戦ですわ。
拡散を撃ち貫通を撃ち背中に乗って剥ぎましたら、目出度く龍薬石が出て、サブクリアも出来まして、難なく討伐。
特に目ぼしい素材は出ませんでしたけれど、それはそれで構わないですわ。

クエを終えて帰って参りましたら、街は一気に8名に成っておりビックリでしたわね。

聞いたところ、おるふぇさんがMHNで告知をしていただいたとか。
流石おるふぇさん影響力が違いますですわね。

空きが丁度2人あったのでレナスくんとしずくちゃんの強制召喚の呪文を発動させましたら、レナスくんがやってきた所で別の方がいらっしゃいまして、しずくちゃんは残念ながら現世に召喚される直前に虚空へ飲み込まれて消えてしまいましたですわ。

改めて、しずくちゃんごめんしてね。

前置きが長くなりましたけれど、ここからが本番ですわよ。
皆様覚悟はよろしくって?
今回の参加者様は

すざくさん
さいよさん
そろーさん
れっどどっぐさん
ふれきさん
まてんろうさん
まどれーぬさん
れなすくん
れいさん
そしてワタクシ

物語は何時ものようにGM:すざくさんの死体が発見される所から始まるのですわ。

尚、今回は夜の組み合わせはすざくさん発明(?)のランダムツールを使用して自動的に組み合わせが決まりますから、GMのサジ加減で村人側人龍側に有利不利が起きる事は無いですわね。

ただ結果的にこのツールは人龍側に不利に働きましたけれども。




開始時にそろーさんが行き成り
「クーラードリンクって何に使うんでしたっけ?」
と発言をされましたわね。
皆様方から「調合師のアイテム」と突っ込みが入りますわ。
でも後からよくよく考えれば、余程迂闊な人で無い限りはGMにこっそり問い合わせますわよね。
それをグループチャットで問い合わせるのですから何か裏があると考えるべきでしたわね。
この時点でここまで考えが及んでいましたなら、その後の推理ももう少し簡単になったかもしれませんわね。
ワタクシのメモにも一応その事を怪しむ書き込みがありますけれど、そこからの推理が足りませんでしたわ。

そして最初の夜の組み合わせ。
まてんろうさんとれっどどっぐさん、ふれきさんとれいさん、レナスくんとそろーさんとさいよさん組、そしてワタクシとまどれーぬさん組。

クエに出てからマドレーヌさんに
「思い残す事は御座いませんか?」
とカマを掛けてみるワタクシ。

「朝日が見れないのが残念です」
とのお返事が。

…これだけではワタクシの灰色の脳細胞でも全く分かりませんわね。

どうやら人龍ではない様ですけれど、手下の可能性も拭えませんわね。
(人龍同士は誰が人龍か分かっていますから乗ってこないだけかもしれませんけれども)




そして絶望の夜が明け、朝の日差しが差し込む頃、新たな死体が見つかるのですわ。

その死体の主はれいさん。

”またもや”最初に犠牲者になるれいさん。

ここで気付くべきでありましたわね。

そう、死んだのは”あの”れいさんであったのだと。

尚、”あの”に付いて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

ここでのふれきさんの言い分は「自殺」

当然ですわね。
手下同士が偶々組になったのでなければワタクシでもそう答えますわね。

ここでレナスくんから「うちはふれきはん信じる~v」との発言が。
相変わらず何も考えていないようで鋭い娘ッ子ですこと。

そしてこの日の会議は終了し、処刑の投票が行われるのです。
処刑に賛成なさったのは
まどれーぬさん
れっどどっぐさん
そろーさん
さいよさん

反対は残りの4名。

この段階で処刑の提案に賛同するのは人龍と手下の可能性が高いですわね。
よって、上記の4人は人龍側の人間と見るのが妥当ですわね。

しかし同数なので今日も処刑は行われる事なく夜になるのですわ。
この展開は人龍側にとっては些か不利ですわね。

かと申しまして、強引に処刑をさせようと人龍自らが発言致しますと、それはそれで自分の首を絞める事になりますから、難しい所ですわね。

ここで活躍すべきは手下でしょう。
村人に人龍だと思われても良いし、人龍に手下だと思われてもいい。
そこで処刑されるなら、それはそれで人龍にとっては有利に働く筈ですわ。
ただ、ハンターや村人に手下だと見抜かれると、不利になるかも知れませんわね。




この夜の組み合わせは、
まどれーぬさんとれっどどっぐさん、まてんろうさんとレナスくん、ふれきさんとワタクシ、さいよさんとそろーさん。

クエ中の会話

ワタクシ「ワタクシは美味しくありませんわよ」
ふれきさん(以下ふ)「何度も言うようにハンターですから」

まぁ何となく信じられそうな気は致しますわね。
感の領域を出ませんけれど。

ふ「くりすさんは疑ってませんよ、反対側についてもらえましたし」
ワタクシ「疑ってもらっても構いませんわよ」

二人の見解はそろーさんが一番怪しいと言うことで合致しましたですわ。




夜が明け、村人が見たものは昨日の夕日のような、真っ赤な血に染まった一つの死体。

死体の主はそろーさん。

ギルドナイト到着までの3日間にまだ犠牲者は出るのであろうか。

その日の会議での発言。
さいよさん(以下さ)「襲われたので返り討ちにしました」
ふ「調合師で襲われたけれども生き残った方は?」
まどれーぬさん(以下まど)「それ話してもいいの?」
ふ「話して問題ないですよ、この場は嘘も正直もなんでもありですから」
ワタクシ「それ話してくれないと人龍が絞り込めないですわ」
まてんろうさん(以下マテ)「嘘でもね」

まど「今回使いましたよ」
レッドドッグさん(以下れっど)「僕も使いましたよ」

どちらかが嘘をついている、もしくはどちらもが嘘をついている。

果たしてどちらなのでしょうか。

ただ、れっどさんもまどれーぬさんも二日目で処刑に賛成してらっしゃい
ますから、どちらも怪しいのですけれど。

この日の会議はここで終了、処刑の投票になったのでありますわ。

ふれきさんをハンターだと信じましたワタクシは当然さいよさんが怪しいと思いますれば、処刑をする為に賛成をしたのですけれど…
なんと賛成したのはワタクシだけではありませんか!

皆様、村人が沢山残った方が宜しかろうと判断為された模様でしたわ。

そして3日目の夜がやってまいりますのでした。




3日目の夜の組み合わせは、まどれーぬさんとさいよさん、まてんろうさんとれっどさん、ワタクシとレナスくんとふれきさん

ランダムツールの弊害か同じ人同士が組になることが多いようですわね。
今回はこれが村人側に有利に働いたようですわ。

この夜、ワタクシとふれきさんはお互いの身分を確かめ合い、残りの組の生き残った方が人龍であると確信するに至ったのですわ。

ただ、レナスくんだけが最後まで手下ではないかと言う不安が残ったのですけれども。




そして4日目の朝が始まるのですわ。

予想通りと申しましたならば予想通りでしたけれども、まどれーぬさんとまてんろうさんが帰らぬ人になってしまいましたですわ。

ああ、これでさいよさんとれっどさんの人龍が確定してしまいましたですわね。

お昼の会議ではお二方とも「手下が自殺した」と仰いましたけれども、例えそれが本当でも、お二方が人龍である事だけは疑い様の無い事態になっております。
ワタクシが人龍で無い限り(笑)

ここでワタクシは高らかに宣言するのですわ!
「お2人が人龍である」
と。
いえ、残りのお2人も誰に言われるまでも無く分かっていらっしゃると思いますけれど。

ここでふれきさんが
「処刑は1人しか出来ないので私はさいよさんを指名します」
と宣言為されましたですわ。
ワタクシもそれに賛同いたしましたわ。
レナスくん「うちはどっぐさんかなぁ。。。」
もちろんレナスくんも同じk…?
今なんと?
いえ、確かにお二方とも人龍でしょうからどちらでも構わないと申せば構わないのですけれども、ここで村人側がチームワークを乱してどうするのですか。

ここで、益々ワタクシの中での「レナスくん=手下」疑惑が大きくなるのですわ。

票が分かれれば人龍側に有利になりますわよ。
とは申しましても、ハンターさん健在の今の状況ではレナスくんが手下で無い限りは、ひっくり返る事は御座いませんけれども。




…ひょっとして本当に手下?

ワタクシ「処刑をするなら誰かに投票を搾らないと」
と忠告をしたにも関らず、やっぱりレナスくんはレッドさんに投票。

ええ、まぁそれは確かに誰に投票するのも自由ですし、大局に影響は御座いませんですけれど。

しかして、哀れさいよさんは冥土カフェ送りにされたのでしたわ。

そして最後の夜。
容疑者れっどさんと一夜を共にするのはワタクシに決定ですわ。

ああ、明日の朝日は望めないのですね。

皆さんさようなら。

ふれきさん、仇はよろしくお願い致します。




そして夜が明け、無残な死体と成り果てたワタクシは、冥土カフェにメイドとしてお仕えする事になったのですわ。

生き残ったれっどさんも会議で処刑されることが決まり、村に平和が訪れたのでしたわ。

結局…ハンターさんが活躍しないと言う珍しい結果に終わった今回の人龍ゲームでしたが、今回も村人側の勝利で幕を閉じたのでしたわ。

クレジット

すざくさん:GM・最初の犠牲者
さいよさん:人龍
れっどどっぐさん:人龍
ふれきさん:ハンター
まどれーぬさん:調合師
まてんろうさん:手下
れいさん:手下
そろーさん:手下
レナスくん:ボケ
ワタクシ:ツッコミ

以上のオールスターキャストでお送りいたしました。

※1.人龍ゲームコミュにおいて開催が告知された2回目と言う程度の意味。




最初の処刑の投票時にまてんろうさんが賛成して、ふれきさんを処刑出来ていれば、その後の流れは変わったかもしれませんわね。
龍人はお互いが分かっておりますから、ふれきさんが人龍でないことは分かってますし、手下であっても、人数を減らす為に合えて処刑させるという方法もあったかもしれませんわね。

もっとも、これは後から見ての見解ですので、プレイ中にここまでのことが考えられたかと申せばわかりませんですけれど。

今回は新しい試みや新しい参加者さんもいらっしゃいましたので、若干思うところがありましたので、機会があれば何処かにまとめてみたいと思いますわね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

紅莉栖@1992

恒星間航行用宇宙船「ダイダロス」の船内で、今、ひとつの物語が始まろうとしている。
船内を見渡す小高い丘にたたずむ、ひとりの少女。長い髪を風になびかせ、じっと一点を見つめている。
彼女の名前はクリス。それが彼女の記憶のすべてであった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。