スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休日は独裁者 大日本帝国編 7

休日は独裁者
05 /30 2017
1944年 対連合戦?いいえ、ソ連戦です

宿敵、アメリカを降伏させた大日本帝国ですが、まだまだ戦いは終わりません。
通常ならばこのままイギリスへ攻め込むわけですが……

2月2日
パリ陥落イタリア編


パリ陥落?

44年2月欧州

どうやら、フランスの圧力にドイツが後退した所をイタリアが再占領したようです。

枢軸国の旗色が本格的に悪くなってきたようなので、ソ連に対して戦争を仕掛けたいと思います。

通常のNFはほぼ全て取得したのでソ連へはNFで開戦したいと思います。

それとすっかり放置していたフィリピンを占領したいと思います。

3月1日
マニラ陥落

マニラが陥落しましたが、フィリピンの降伏はまだまだです。

4月14日
国境での小競り合いソ連勝利

ソ連国境付近(写真はノモンハン)で軍事衝突が発生、我が軍は手痛い打撃を受けてしまいました。

4月15日
フィリピン降伏

やっとフィリピンが降伏しました。

この後はフィリピン領のパラワン島とオランダ領東インドのスラウェシ島、パプアニューギニアの占領を行います。

6月21日
北米方面から主力部隊を移動させソ連国境に貼り付けます。
ソ連国境

(ソ連国境というかモンゴル新疆国境というか)
あと、アメリカの工業力を生かして機甲師団を編成します。

6月22日
NF 北進論が完了したので、ソ連に対し宣戦布告を行います。

満州方面までは部隊が足りないので、満州は参戦させずに’壁’になってもらいます。
朝鮮付近の日本国境からウラジオストックだけは確保します。

まずは、新疆を速攻で落とすために田中将軍の自動車化師団を投入します。

6月26日
ソ連に占領されたトルコを開放するためにブルガリアにも参戦してもらいます。
(ルーマニアはまだ待機)

7月18日
新疆降伏

新疆が降伏しました。
次はモンゴルです。

9月12日
モンゴル降伏

新疆降伏からだいぶ時間がかかってしまいましたが、やっとモンゴルが降伏しました。
これで、本腰を入れてソ連に侵攻できます。

9月23日
ハンガリー降伏
10月27日
スロヴァキア降伏

11月11日
ベルリン降伏

ベルリン陥落!
ドイツの命運も風前の灯火です。

11月21日
ヤルタ会談が開催されました。
アメリカはすでに降伏しているので、ルーズベルトはいません。

しかし、アメリカが降伏してソ連も攻め込まれ、連合国もカナダとインドが占領されている状態で、ドイツの行く末を呑気に話している暇があるのだろうか?

45年1月30日
イギリスはバルカン外交の主導権を握ったことを発表

もっとも、我が大日本帝国はイギリスが何を言おうが聞く耳を持たんがな!!

2月7日
ドイツ降伏

救援は間に合わず、遂にドイツが降伏してしまいました。
残るはイタリアだけですが、すでに青息吐息です。

3月3日
イタリア降伏

そして、とうとうイタリアも降伏してしまいました。
これにて枢軸陣営は消滅することになりました。
(ただし、スロヴァキアが枢軸国として残ってはいます)
よくわかりませんが、モンテネグロも降伏しています(日本に)

明けて3月4日、枢軸国と連合国、共産主義国との講和会議が終了、ドイツの分割、イタリアの共和国化、スペインの分裂などがありました。
また、トルコは社会主義国へとなりましたが、現在大日本帝国が占領中のため即座に日本へ降伏したことになっています。

イギリスがスペインに日本との戦争への参加を要請しました。

3月5日
ドイツがポーランド西部を占領。
第三次世界大戦か!?
いや、まだ日本と連合との戦争が終わってなかったわ。

4月10日
イギリス議会がベネルクス介入を検討

5月20日
満を持してルーマニアに対ソ連戦への参戦を要請しました。

このあたり時間経過があやふやですが、モスクワ占領、当然ソ連降伏しない→レニングラード→キエフ→ミンスク→ゴーリキーと占領していって…

10月27日
ソ連降伏

遂にソ連が降伏しました。

ソ連降伏後の世界

資源地帯を中心に領土を獲得。
傀儡国を含めると世界の半分は征服したことになりますかね?

残るは連合国だけです(南米とかの小国もありますが)

その後、暫定国境線付近に日本軍がいないのをいい事に連合国の卑怯者どもが我が大東亜共栄圏加盟国を侵略していきます。

おかげで、ハンガリー、クロアチア、セルビアが降伏、ルーマニア、ポーランドもかなり侵食されてしまっています。

国境付近へ戦略再配置で部隊を移動させ、反撃を行います。




1945年末までに終了した研究

研究ライン1
無線探知
島風型駆逐艦
大鳳型空母
吾妻型軽巡
伊吹型重巡
超大和型戦艦

研究ライン2
ワナ猟
低空支援
分散戦闘
作戦的破壊

研究ライン3
対空砲改良
二式二十粍高射機関砲
改良型対空砲改善 I
改良型対空砲改善 II
三年式八糎高角砲
九四式三十七粍砲
対戦車砲改良
一式装甲兵車

研究ライン4
横空 P1Y 銀河
愛知 B7A 流星
デシメートル波レーダー
実験的ロケット
ロケットエンジン
ジェットエンジン
中島 ’橘花’

研究ライン5
暗視装置 I
四式七糎噴進砲
改良型歩兵装備 III
海兵 III
山岳歩兵 III



前へ 次へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

紅莉栖@1992

恒星間航行用宇宙船「ダイダロス」の船内で、今、ひとつの物語が始まろうとしている。
船内を見渡す小高い丘にたたずむ、ひとりの少女。長い髪を風になびかせ、じっと一点を見つめている。
彼女の名前はクリス。それが彼女の記憶のすべてであった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。