FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休日は独裁者 大日本帝国編 5

休日は独裁者
05 /30 2017
1941年 12月8日 対連合国戦争開始

連合国及びアメリカ(あとパナマにも)に対して宣戦を布告します。

アメリカへ布告イギリスへ布告

満州、蒙古、中華民国、シャムは連合国戦への参戦を要請、ルーマニア及びブルガリアは中立のままいてもらいます(援軍が送れないので)

12月9日
香港陥落

早くも香港陥落、ほぼ同時に広州湾も占領します。
アメリカが連合国に加盟しました。

貿易法を輸出重視から輸出制限へ変更します。

クェゼリン環礁において小沢提督(山本提督の第1艦隊も合同)とキング提督による、海戦が起こっています。

第1次クェゼリン海戦第2次クェゼリン海戦

2度の海戦で駆逐47、軽巡5、重巡9、戦艦1の大戦果ですが、我が軍も潜水艦7、駆逐33、軽巡10、重巡4、輸送船12の大損害を受けていまs…輸送船?

あ…グアムへの上陸戦を行ってる陸戦隊が…1師団なくなってるOrz
そうでした、南太平洋での海戦がひと段落するまで、上陸作戦は控えないと損害が出るんだった……

それでも、グアム、ウェーク、ナウルへの上陸作戦は成功してします。



1942年

1月5日
マラヤ降伏

イギリス領マラヤが降伏しました。

マーシャル諸島沖では第2艦隊が修理のため退避中であったと思われる戦艦2隻と重巡1隻を撃沈しております。

1月8日
タンヌ?

タンヌなんとかが、ソ連に併合される。

3月5日
五式自走砲 クセが開発終了したので軽自走砲の生産を変更します。

3月20日頃
ハワイ海嶺
南太平洋でのアメリカとの海戦もひと段落がついたようなのでハワイ占領に向けて第2艦隊をハワイ海嶺の制海権確保に向かわせます。

インド方面もマレー半島はほぼ抑えてビルマ方面へ進軍しています。

南シナ海及びマラッカ海峡では第3艦隊がイギリス・オーストラリア艦隊相手に制海権を確保しています。

4月5日
ハワイ上陸

ハワイ島への上陸完了。
オアフ島への直接上陸もあっさり成功する場合もあるのですが、一度失敗するといつまでたっても成功しないこともあるので安全策を取ってハワイ島への上陸にしました。
空港も制圧できますし。
ハワイ島に軍港を建設しつつ空港を制圧して北上、マウイ島からオアフ島を目指します。

その間に山本提督率いる第1艦隊が「宿敵」エンタープライズを撃沈に成功。
現実世界ではビッグEの愛称で親しまれ太平洋戦争での最殊勲艦として知られ日本への反撃の象徴とも不沈艦とも言われた空母は、この世界では大戦初期に確たる戦果を挙げることなく波間に消えることになったのであります。

5月3日
真珠湾陥落

ついに真珠湾陥落!
残存戦力を駆逐しつつ、第2艦隊と第3潜水戦隊をハワイへ移動させます。

太平洋では第1艦隊を主力とした機動部隊が順調にアメリカ艦隊を撃沈していきます。
第2艦隊所属の空母4隻と合わせた空母8隻による過密航空攻撃は強力であります。
やはり戦いは数だよ兄貴(だれ?)

南シナ海の第3艦隊

そのころ第3艦隊は南シナ海で空母アークロイヤルを含むイギリス東洋艦隊を多数撃沈、大戦果を挙げております。

ハワイに集結させた陸戦隊12師団でアメリカ西海岸への上陸作戦を実施します。

第2艦隊から駆逐艦全艦と第2世代までの軽巡を切り離し、不足する艦艇を潜水艦で補……なんで潜水艦こんなにいるの?
第3潜水戦隊

そういえば36年の開始からずっと建造し続けてた…
Ver1.3になってから潜水艦が弱体化してるらしいので、上陸作戦終了後はほとんど必要ないのに…

まぁあるものは仕方ないので使用することにします。
(連合国戦終了後に解散させれば人的資源が戻ることに気が付いたOrz)

7月2日
ルーマニアとブルガリアに対連合国戦への参加を要請しました。

7月3日
太平洋航路の安全確保のためミッドウェイ島を占領

7月24日
サンディエゴ上陸

遂にアメリカ西海岸サンディエゴへの上陸に成功しました。
サンディエゴは海軍基地の規模が10で補給が切れ難いのと守備隊がほとんど(場合によっては全く)居ない事が多いので、上陸地点としてはかなりいいです。
アメリカ軍が現れる前にとにかく部隊を前進させて支配地域を拡大します。

7月29日
ロサンゼルス陥落

ロサンゼルスが陥落しました。

8月2日
LA周辺

ようやくLA周辺にアメリカ軍の姿が見えてきました。


8月14日
後続部隊到着

後続部隊の田中将軍率いる自動車化師団がサンディエゴに上陸。
ロッキー山脈を突破するために前進を開始します。

8月15日
インドから去れ

インドにおいて「インドから去れ運動」が発生しました。
これを受けてNF「インド国民軍」を開始します。

8月28日
さらに後続の主力部軍が到着したので前線の維持を陸戦隊から交代してもらいます。

9月中旬
陸戦隊サンフランシスコへ

前線の押し上げに成功、サンフランシスコが確保できたので、陸戦隊をサンフランシスコへ集めて敵前線の裏への強襲上陸を仕掛けます。

9月29日
アメリカ南部包囲寸前

ロッキー山脈の突破に成功した自動車化師団は南下してメキシコ国境付近へと到達する寸前になっています。

インドから去れ
放っておくと意外と暴れまわるギリシャが降伏しました。
画像ではルーマニアになっていますが実際はブルガリアが占領しています。

そのころのヨーロッパ戦線は……
そのころのイタリアそのころのドイツ東部

ドイツ君はソ連相手にまだまだ健闘しているようです。
イタリアは今のところ盤石のようです。

10月11日
戦争正当化が終わったのでパナマに対して宣戦を布告します。

同時にベネズエラとエルサルバドルが仲間にしてほしそうにこちらを見ていたので、陣営に招待しました。

アメリカ南部包囲殲滅中

アメリカ南部の包囲も終わり、順調に殲滅中。

10月20日
包囲殲滅成功

アメリカ南部での包囲殲滅完了。

10月24日
インド国民軍

インド国民軍のNFが完了して、シンガポールに2個師団のインド国民軍が誕生しました。

10月25日
インド降伏

インド国民軍が起きた翌日、イギリス領インド帝国が降伏しました。

11月2日
オレゴン強襲上陸
サンフランシスコからオレゴンへ向けて陸戦隊が強襲上陸を開始します。

11月25日
ユーゴスラビア降伏

ユーゴスラビアが降伏しました。
でも、いつの間にか復活するんですよねユーゴ。

11月27日ごろ
オレゴンから包囲戦

オレゴンに上陸した陸戦隊と山岳歩兵師団でロッキー山脈方面とカナダ方面へ進軍、カリフォルニアから自動車化師団で山脈を北上、オレゴンの西海岸に展開する敵軍を包囲殲滅します。

11月28日
アフガニスタンに対して戦争正当化が終了。
インドの残存兵力を殲滅後に侵攻を開始します。
同時にインドへ騎兵師団(憲兵)を展開、パルチザンへ備えます。

12月26日
インドでの掃討戦が終了、アフガン国境に部隊が展開できたので宣戦布告します。



1942年中に完了したNFなど

NF
インド国民軍




研究

研究ライン1
山岳歩兵 II
発展型計算機
暗号化・巡回置換

研究ライン2
九八式軽戦車
五式自走砲 クセ
二式擲弾器
補給兵 II

研究ライン3
偵察兵 II
九六式十五糎榴弾砲
野戦病院 II

研究ライン4
工兵 II
一式重機関銃・二式十二糎迫撃砲
一〇〇式機関短銃後期型

研究ライン5
改良型歩兵装備 II
翔鶴型航空母艦
甲/乙/丙型潜水艦
船団護衛
空母優先
空母任務部隊



前へ 次へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

紅莉栖@1992

恒星間航行用宇宙船「ダイダロス」の船内で、今、ひとつの物語が始まろうとしている。
船内を見渡す小高い丘にたたずむ、ひとりの少女。長い髪を風になびかせ、じっと一点を見つめている。
彼女の名前はクリス。それが彼女の記憶のすべてであった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。