FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MHFオープンβレポートその1.1

MHFの日記のようなもの
07 /02 2007
コナサンミンバンハ、愛の奴隷クリスデス。

休みの日はガッツリMHFをプレイしたので更新できませんでした!

ので、本日はイオンラインに行く前に更新。

な・の・で・す・が

先ずは金曜日のお話から。
鯖2に定住を決めHRを2にしてオープンβ記念品の入手条件を満たしたところで街でブラブラしておりました。
と、ここで某おるさんがオンに来てないか検索をしてみました。
「おそらくこの名前にするはず!」と思う名前(ご本人に許可もらってないのでひみちゅ)で検索してみましたところ見事お一人該当者が。
コメント欄を読んでみると「MHは無印からプレイしてます」(もうコメント変えられた様なので書いておきます)と書かれております。
その方は広場にいらっしゃるようなのでジャーンプ!
裸ハンターナイフでアクションをしてらっしゃる方発見。
「この名前でこんな事をするのはおるさんし居ない!」と確信して「じーーーーーーーーーーーーーーーー」と眺めてから声を掛けてみました。
果たしてそれはやはりおるふぇさんでした。
お久しぶりですねぇとか挨拶しておりましたところ相棒のトリスたん(ハァハァ)さんもいらっしゃったので、すかさずフレ登録だけしてその日はお二人と別れたのでした。

そして、土曜日はログインは出来るもののどこのランドもいっぱいでメゼポルタ広場にすら入る事が出来ないと言う状況でしたので、早々に諦め別のゲームをやっておりました。
(その間に更新しろって?だって装備のキャプチャーとか出来ないんですもの)

そして日曜日。
13時過ぎにオンをしたところ、トリスたん(ハァハァ)さんがオンしてらっしゃったので突撃。
すぐ後にちゅんさんもいらっしゃって3人でクエをしておりましたところ、日本引き篭り協会さんと言う方がいらっしゃって、4人で色んなクエに参りました。

途中ワタクシが提携商品のイベントアイテムを入手する為に暫く一人でクエに行ったりしておりました。

その後、ご飯食べたり買い物に行ったりで2時間位全員が離席と言う異常事態に。

21時を回った頃におるふぇさんが合流。
が、すぐに離席。
ブログを更新したりしてらっしゃったようです。

4人でクックなどを連戦して解散する頃にはHRが6に成っておりました。

HRが5になるとババコンガやドスガレオスなどが出てくるのですが、ババコンガに挑戦したところ敢え無く3落ち(幸いワタクシは無事でしたが)
2(Dos)の最初の頃を思い出して懐かしくなりました。
こう言う一撃死の緊張感は初期の頃にしか味わえませんね。
(ラージャンや古龍、ミラ種などの一撃死とは少し違うんですよ♪)

おるふぇさん、トリスさん、ちゅんさん、引き篭り協会さん、Eさん大変楽しゅうございました。
またよろしくお願いいたします。

入手したイベントアイテムとその時のイベントハウスの画像をどうぞ。

ベータナイフ【紅】
image01.jpg

MHF000010.jpg

くろねこ服
image02.jpg

MHF000007.jpg

しろねこ服
MHF000023.jpg

MHF000006.jpg

どんぐりスティック
MHF000005.jpg

どんぐりスティックはコードを二つ入力するので、入力画面はこのようになります。
image05.jpg


MHF000009.jpg

水晶大剣
image06.jpg

MHF000033.jpg

ルーキーズガイド装備
(スマートシリーズ)
image09.jpg

MHF000011.jpg

そして装備は入手できませんがVISAとCore2Duoのイベントハウスの画面だけでも載せておきますね。
MHF000019.jpg

MHF000020.jpg

Core2Duoのハウスだけ床にもインテリ…もといインテルのロゴが。
さすがにインテル入ってるロゴでは無いようです。
MHF000021.jpg


そして、クリスと言えばボーン、ボーンと言えばクリス
で、ボーン装備。
MHF000016.jpg

MHF000012.jpg

今回レザーライトシリーズ(+グリーンジャージ)で高速採取&剥ぎ取り+採取+1のスキルが発動するので採取クエで重宝しますね。
MHF000014.jpg


長くなりましたが本日はこの辺で失礼いたします。

近い内にメゼポタル広場の新施設「美容室」やアクションの紹介もしたいと思いますので、期待せずお待ちください。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

紅莉栖@1992

恒星間航行用宇宙船「ダイダロス」の船内で、今、ひとつの物語が始まろうとしている。
船内を見渡す小高い丘にたたずむ、ひとりの少女。長い髪を風になびかせ、じっと一点を見つめている。
彼女の名前はクリス。それが彼女の記憶のすべてであった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。