HOI4の話

HOI4
05 /02 2017
こなさん(ry

HOI4のドイッチュラント君(史実AI)は、史実通り連合国とソ連に喧嘩を売って史実通り降伏することが多い。
日本プレイで史実開戦の41年12月に開戦しようとすると既に虫の息なこともたびたびでアメリカ占領までドイツ君が持たない。
で、ドイツ君(枢軸国)が倒れると欧州に派遣していた戦力がアメリカ本国に戻ってくる(たぶん)ので、アメリカに上陸しても押し返されてしまう(のは、僕が下手なだけかもしれないが)

ということで、義勇軍を送って日本の開戦ぎりぎりまでソ連軍を叩いてみたよ。
AIドイツ君の戦闘を見てると兎に角平押しで進んでいくんだね。
あれじゃぁ敵の数が減らないからそりゃ押し返されるわ。
なので、包囲殲滅しようと、頑張って前線の裏へ回り込もうとしてるのに包囲する前にドイツ君が前線押し上げて包囲出来ないとか!
それでも何とか何個師団か殲滅できたので、日本開戦後しばらくしたら見事ソ連を併合……って、頑張りすぎだバカ!
こっちがスエズ運河確保するまでグダグダ戦争しててほしかったのに…

生かさず殺さずの加減が難しいね。
まぁアメリカは占領できたので機甲師団でも量産して踏みつぶして差し上げるよドイツ君( ̄ー ̄)ニヤリ
関連記事
スポンサーサイト

Hearts of Iron IV

HOI4
01 /03 2017
コナサンミンバンワ、クリスDEATH。
生きてます。
実に4年半ぶりの更新です(前回の更新は忘備録なのでノーカンで)
AAR?知りませんねそんなものは。
で、タイトルの通りですが、HeartsofIronIVです。
日本語版は出てないのですが、有志による日本語化MODがあるので、問題なく日本語でプレイできます。
Steam恒例の年末セールで安くなってたので買いました。
Steam版はMODもワークショップからダウンロードできるし、ランチャーでオンオフが簡単に切り替えられるので、日本語化も簡単です。
で、グラフィック周りのMODもいくつか入れてみました。
指導者を美少女絵に変えるMODも有ったので入れてみたんですが、グラフィックが変わるだけじゃなく満州国が完全に独立しててちょっとプレイしづらい(まぁソ連の侵略で見捨てるという選択肢をとるのならもとよりどちらでもいいのですが)ので、泣く泣くオフにしております。

一応、オーストラリアプレイで空母機動艦隊を編成、国土の防衛に成功。
上陸戦でなぜか苦労するアメリカAIを助けて日本占領に貢献して台湾と沖縄を割譲。
「さぁドイツを攻めるぞ!」と意気込んで総勢8個師団(笑)をイギリス経由でノルウェーに上陸させたところで、本気出したアメリカによってドイツ降伏。
そのまま終戦となりました。
続いて満州でプレイをしてみたんですが、これはあれです、私ごときでは手に負えません。
なので、早々に諦めて日本プレイで大東亜共栄圏構築を目指してプレイしてます。
(何度もやり直しつつプレイヤーの経験値貯めてる感じですが)

今後、進捗状況やAARを書くかは不明ですが、気が向いたら更新します。
たぶん、きっと、メイビー

追記
前回の更新でシンキングラビット作品が最後までコマンド選択ではなかった件ですが、さるサイトで製作者(社長さん)が、書かれてた内容(直接そうだと書かれていたわけではありませんが)によると、文字入力型のADVが好きだからだったようです。
関連記事

タイムマシンにお願い…

PCゲーム
08 /11 2014
関連記事

88mkIISRは512色中8色のアナログデジタルだい!

PCゲーム
09 /22 2011
コナサンミンバンハ、クリスです。
さて今回は、何かと話題のシュタインズゲートの新作、「8bit」の体験版です。
このゲーム、シュタインズゲートの最新作に当たるわけですが、なぜか8ビットパソコン風AVGに成っております。

当時をリアルタイムで知る世代としては、大変懐かしいふいんき(何故か変(ry)なわけですが、これ最近の方が見た場合どのように感じるのでしょうか?

狙ってるターゲットがイマイチ分からないのですが…

ひとまず、体験版で感じたことなんか書いてみます(まだ体験版最後まで行けてませんが…

以下、ネタバレを含みますが…体験版で配布されている内容なので大目に見てください(笑)

続きを読む

関連記事

レジェンドラの勇者よ!

MHFの日記のようなもの
08 /24 2011
てな事を書くと、全く関係ない検索で飛んでくる人とかがいるかもなので
諸刃の剣、素人の俺様にはお勧めできない。

コナサンミンバンハ、クリスです。
6月のフォワード1アップデートで追加されたレジェンドラスタ。
先週、アシストコースが無料で付与されておりましたので、がっつりオトモされながら
ついでに、新キャラの紹介画像も撮ってきました。

続きを読む

関連記事

紅莉栖@1992

恒星間航行用宇宙船「ダイダロス」の船内で、今、ひとつの物語が始まろうとしている。
船内を見渡す小高い丘にたたずむ、ひとりの少女。長い髪を風になびかせ、じっと一点を見つめている。
彼女の名前はクリス。それが彼女の記憶のすべてであった。